自律神経.png

自律神経の問題にお悩みの方へ

何故、整体で自律神経が整うのか?

整体で自律神経の働きが良くなると聞いて、不思議に思われる方が多くおられます。

一般的に整体では、肩こりや腰痛などといった筋肉や関節の痛みやコリに対して行われるイメージかと思います。

しかし、オステオパシーは自律神経の働きを整えることにおいて、数ある整体の中でもトップクラスだと考えています。

このページでは、その秘密を少し公開させていただきます。

 

リズムと自律神経

体内には様々なリズムが存在します。心臓の鼓動や呼吸などはすぐに理解できるでしょう。

他にも意識することは難しいですが、血管自体の収縮や、筋肉の微細な収縮などもあります。

これら以外にも意識に上る上らない関係なく様々な体内の組織で、規則正しくリズムが刻まれています。

そしてこのリズムが規則正しいものであるために、自律神経が絶妙なコントロールを行っています。

自律神経の乱れは、これらのリズムを乱すことになるのです。

オステオパシーの技法の中には、常に相手のリズムを感じ取り、相手が受け入れてくれるリズムを提供し続けるというものがあります。

自律神経が乱れたからリズムがおかしくなったものを、リズムを正すことにより自律神経を修正していくという逆の流れを使っているのです。

 

適切なリズムは興奮した身心を落ち着かせ、落ち込んだ身心を奮い立たせる切っ掛けとして最適な手段の一つと言えます。

呼吸と自律神経

心身一如という言葉がありますように、心と身体は密接に関わりがあります。​

その関係が最も現れる現象の一つが、呼吸という運動だと思います。

ではイメージしてみてください。

スポーツで優勝が決まる一打や一投を行う場面や、人生が左右されるような面接やプレゼンテーションの場面など…または事故現場に遭遇したとき、友達の何気ない一言に傷ついた時など…

興奮状態で思考が回らないときは呼吸は早く浅くなっているかと思います。

逆に少し思考に余裕があり、意識的に落ち着こうとしたなら大きくゆったりと呼吸をしているでしょう。

 

このように心の状態というのは、呼吸に如実に表れます。

ですから呼吸を整えるということは、心を落ち着かせる有効な手段となりえます。

オステオパシー​ではこう考えます