top of page
  • 執筆者の写真和浩 高田

アキレス腱炎は歩き方が大事


アキレス腱炎は、整形外科でリハビリテーションを行っていたときによく遭遇していました。


歩く度に痛みが生じるため、活動量も自然と低下したりして、日々の生活が楽しくなくなってしまいますね🥺


そんなアキレス腱炎ですが、インソールの知識を使えば結構簡単に改善してたイメージがあります。


------------------------------------------


アキレス腱炎の原因は?


ずばり伸長痛と言われています。


これは歩く際、蹴り出しで生じるアキレス腱を引っ張る力のことで、ここをうまく調整してあげれば意外に即効性が高いと感じてます。


そしてこの引っ張る力には二パターンあると言われていますが、ぼくが診てきたなかでは踵が離れる事が遅れることで、通常よりも長くアキレス腱が伸ばされるタイプの患者さんが多かったです。(※あくまで個人の感想です)


もう一つは、逆に早く踵が地面から離れることでふくらはぎの筋肉が作用しすぎるというもので、こちらについては恥ずかしながら結構最近しりました💦


------------------------------------------


インソールパッドが効果的


で、何でそんなに簡単な印象があったのかというと、ぼくが得意としているインソール療法のゴムパッドを中敷きに張り付けて、歩き方をその場で変えていたからです👣


パッドは1ミリ程度のごく薄いものですが、貼る位置を間違えなければ踵が地面から離れるタイミングを上手くコントロールすることが可能です😏


もちろんインソールで完全に痛みが取りきることが出来ない場合もありますが、大抵は軽減していました。


------------------------------------------


より強力なアプローチ


そんなインソール療法以上にお勧めするのが、当院自慢のオステオパシーです。


こちらは足部だけにとどまらず、全身を評価していくことで、歩き方が おかしくなっている原因を見つけ出します。


ですので、インソールで取りきれないような根の深い問題でもオステオパシーなら対処していけるという印象があります。


病院も行った、インソールも作った、でも痛みがなかなか良くならない。

そんな方は、是非一度オステオパシーをお試しください❗️

最新記事

すべて表示

最適な施術間隔

初回の施術から二回目までの間隔は、 急性なものや症状がきつい場合は一週間後に、 慢性的なものでそこまで症状がきつくない場合は二週間後にお越しください。 間隔は空くよりも、詰めてこられた方が変化も大きく効果も持続しやすくなりやすいです。 なので、上記の間隔はあくまで目安となります。 間隔が開くことのデメリット 一つは、日常生活のなかで新しくストレスが加わり、「処理しなければならない問題」が増えてしま

有痛性外脛骨~足の内側が痛い~

歩いたり跳んだりした時に内くるぶしの下辺り(土踏まずの真ん中辺り)に痛みがある方で、この有痛性外脛骨をお持ちの方が居られます。 外脛骨自体は一割前後の方に存在し、ただあるだけでは問題ないのですが、ここに付着する筋肉が強く引き伸ばされることで痛みが生じるとされています。 ------------------------------------------ 問題は踵の位置関係 前述した通り、外脛骨に付

Comments


bottom of page